株式会社だいや

06-6533-2601 平日9:00〜18:00(土・日・祝日除く)

だいやのブログ

2015年9月1日
おいしい麻婆豆腐の作りかた

ブログトップに戻る

いきなり麻婆豆腐です。

このあいだテレビを見ていたら、中華料理店と同じくらいにうまい麻婆豆腐の作り方ってのをやってたんですよ。

どうせ豆板醤(とうばんじゃん)を使ったりしてメンドクサイんだろうなと思って見ていたら、そんなことはなくて超簡単なコツでした。

それでは、順序を追ってお披露目させていただきます。

<用意するもの> 

豆腐、丸美屋の麻婆豆腐の素(他社でもOK)、鍋、フライパン(中華鍋)

<調理手順>

①鍋にお湯をたっぷり沸かします

②フライパンに麻婆豆腐の素を入れ、箱の裏に書いてある2倍の量の水を加えて加熱します

③沸騰した鍋の中に切った豆腐を入れます

④鍋の中が再沸騰してきた頃に豆腐をザルか何かで取り出しまして、フライパンの素の中に入れます

⑤弱~中火の間くらいでくつくつ煮ます。

⑥適当なタイミングでとろみ粉(かたくり粉)を入れて、弱火でさらに煮ます。

出来上がり!!

一般的には、上記の①と③のプロセスがありません。豆腐を茹でることで余分な水分を抜いてしまうのです。

②のところで、2倍の水を入れるというのがポイントなのですが、適度に水分が抜けた豆腐をフライパンに入れることで味がしみこむという訳です。

たったこれだけのことで、今まで作っていた麻婆豆腐よりもおいしいものが作れるんですよ。

ちなみにこれはもっとも手抜きな調理なので、長ネギや挽肉を使えばもっとおいしくなるはずです(笑)。

こういうのって、カレーの作り方でもありました。

カレーのルウを入れる時は、必ず鍋を一旦コンロから外して濡れたフキンの上にしばらく放置することで粗熱を取ってから入れるというものです。高温すぎるとルウの粒子が固まってしまって、ちゃんと溶けずにダマになるのですが、この方法だとすべてキレイに溶けてくれるのです。

たったこれだけで、おいしいカレーができるわけです。

暑かった夏の疲れは、おいしいものをモリモリ食べて、ゆっくり眠って取ってしまいましょう!!

(山地 正晋)