株式会社だいや

06-6533-2601 平日9:00〜18:00(土・日・祝日除く)

だいやのブログ

2014年12月1日
だいやのコンピューター

ブログトップに戻る

だいやコンピューター

 

我が社のコンピューター導入はこの規模の会社にしたら、早かったであろうと思われる。

 

旧社屋は1階に事務所も倉庫もあった。事務所の一番奥に当時社長であった創業者の山地正敏が座っており、その後ろの小さな部屋に大きなコンピューターが鎮座していた。毎晩はき出されるその日のデーターの束を家に持ち帰り、遅くまでチェックしていた当時専務であった現社長の姿が印象に残っている。

 

初期コンピューターから入れ替えを行ったのが、30年近く前であった。現社長が営業時間の終わった後、大興電子㈱のSEの方々と打合せを何度も何度も行い、SEの方々に「不可能」と言われることも「なんとか出来ないか」と食い下がり、深夜まで話し合いが繰り返された。SEの方々は昼間システムを組む作業を事務所に通って行っていた。導入一週間前くらいからは徹夜になり、昼間は普段通り仕事をしている父親を見て子どもながらに「おばけだ」と思った。

 

今から一番近い入れ替えは4年半前。紹介を受け㈱アスコットに依頼することになった。

この時、社長の右腕となったのが一人の女性社員。妥協を許さぬ社長の思いを受け、日々の作業の効率化を追求し、細かく事を詰めていく彼女には頭が下がる思いであった。導入予定日の延期など、紆余曲折様々な困難を㈱アスコットのSEと共に、乗り切り出来上がったのが今のシステムである。伝票(4枚綴り)1枚で出荷作業まで完結出来るようになり、その後取得したISO9001の導入時にも高評価を得ることが出来た。

そのようにして出来上がったシステムは常に進化している。日々利用する我々の「あんなこと出来たら」「こんな風になったら」に㈱アスコットの面々は答えてくれるのである。

 

我が社のシステムはなかなか素晴らしいとの自負を持ちつつ、改善を進め、最大限に利用しながら、お客様の満足に答えていく。社員同様、会社の大切な財産である。

 

                                    

ハムゆき