株式会社だいや

06-6533-2601 平日9:00〜18:00(土・日・祝日除く)

だいやのブログ

2014年11月1日
100年の音楽

ブログトップに戻る

今、はまっている番組があります。それは「100年の音楽」というテレビ大阪、金曜 22:54 - 23:00で放送されているわずか6分間の番組です。

これは、ヴァイオリニスト・川井郁子さんがクラシック、ポップスなど「100年残る世界の名曲」を毎回セレクト、大胆で斬新なアレンジによる演奏で、名曲の新たな魅力を引き出すというものです。

 

 

imagesNIKYKHXP.jpg

 

2011年4月より放送されているのですが、私が偶然みつけたのは、2014919日の放送分からです。

この回は、アントニン・ドヴォルザーク作曲の「ユーモレスク」でした。

川井さんとストリングカルテット(1stヴァイオリン・2ndヴァイオリン・ヴィオラ・チェロ)の演奏でした。

この曲は軽やかな曲調で始まり、途中で短調に転調する部分が私はとても大好きです。有名な楽曲なので、皆さんもどこかできっと耳にされているはずです。

 

このブログを書いた時の最新放送は1010日のロシア民謡の「コロブチカ」です。川井さんのヴァイオリンとピアノ・篠笛という、西洋弦楽器と篠笛のハーモニーが素敵でした。

この曲は運動会のフォークダンスの定番曲ですので、これまた皆さんはよく知っておられるかなあと思います。

 

フォークダンスで好きな子まで回ってくるかドキドキしていて、音楽がその子の前で途切れたなんてことを思い出したりしました。

あの子は今頃、どんな人になっているのかなあ・・・

ただ、今の運動会ではフォークダンスはしなかったりします。

これも時代の流れなのでしょうか?

                                                                                         Y.I