株式会社だいや

06-6533-2601 平日9:00〜18:00(土・日・祝日除く)

だいやのブログ

2014年8月18日
大阪名物「たこ焼き」

ブログトップに戻る

 大阪といって思い付く中に「たこ焼き」をあげる人も多いのではないだろうか?

大阪発祥とされる料理であり、私の近所にもたこ焼き屋さんが3軒はある。

たこやき1.pngたこやき2.jpg

 

このたこ焼きが宇宙空間にぷかぷかと浮かんでいるのをご存じだろうか?

まあ、小麦粉を焼いたものがぷかぷかと浮かんでいるのではないが、

地球から約4億㎞も離れた、火星と木星の周回軌道の間に位置する小惑星の

ひとつが「たこやき」である。おうし座の中の18等星という暗い星である。

 

小惑星(6562TAKOYAKI1991119日に北海道の箭内政之氏、渡辺和郎氏によって発見された。

こどもたちが宇宙への興味を持つきっかけになるよう、星に名前をつけるような取り組みができないか、という宇宙の日主催者会議の要望を受け、アマチュア天文家である箭内・渡辺両氏に特別にご協力いただき、小惑星の名前を募集した。

2001年の宇宙の日にちなみ、大阪で開催された「宇宙ふれあい塾2001」の会場において、事前に公募した小惑星の名前の31個の候補の中から、これを実行委員会で5つに絞り込み、ふれあい塾の当日、来場した子供たちに拍手をしてもらい、最も多かった「たこやき」を提案することが決まった。

命名提案権そのものは委譲できないので、宇宙ふれあい塾2001で決められた「たこやき」を、その経緯を添えて国際天文学連合に発見者から提案し、時間はかかったが、無事に承認された。

 

 他に、大阪にちなんだ名前では「阪神タイガース」という小惑星もすでにある。

 小惑星の命名権はその星を発見した人になっているので、天体望遠鏡を買って星をさがしてみてはいかがかな?

宇宙2.jpg

                                                                                      Y.I