株式会社だいや

06-6533-2601 平日9:00〜18:00(土・日・祝日除く)

だいやのブログ

2014年7月1日
日本人とワールドカップ

ブログトップに戻る

サッカーW杯ブラジル大会が開幕されてからもう後半戦を迎えている。

日本代表のグループリーグ敗退が決まってもまだ日本のW杯熱は冷めきっていない。

強豪国と呼ばれるチームの試合を観るとやはり、うまいし、強いなと素人ながら思う。

前回大会でパラグアイに惜敗し、ベスト16に入ったということもあり、今回大会の日本代表への期待はとても大きなものだった。しかし、グループリーグで1勝もすることができず、悔しい結果となった。

日本と世界の差はどれだけ縮まったのか。

選手本人はどう感じたのだろうか。

 614日(日本時間15日)コートジボワール戦1-2で敗れた後、日本人サポーターがスタジアム内のゴミ拾いをしている様子が海外で取り上げられ大きく注目されていた。

他国では敗戦後、ファンはゴミを投げスタジアムを汚すことが多いそうだ。

 「日本人は負けたにも関わらず掃除をした。すごい。」「日本人は真面目で最高の国だ。」「彼らはすばらしい。」などマナーの良さに多くの人々が絶賛した。

こういった行動は今回大会だけのことではないらしく、前回大会、前々回大会でも同様に行われていた。

日本人のこの礼儀正しさや思いやりの精神を誇りに思い、日本人である私も見習わなければならないことだと感じた。

日本人の精神にはこのほかにも、本田選手の言葉でもある、諦めない強い精神や、

こつこつと積み重ねる誰にも負けない努力など、すばらしいものがある。

 

日本代表もこの力が発揮できた時は、きっと世界との差を感じさせない日本のプレーを見せてくれるだろう。

日本人のこの精神を胸に粘り強く戦い続けてほしい。 

 

news_133706_1[1] (640x480).jpg

 

4年後のレベルアップした侍ジャパンに期待したい。がんばれ日本!!

                                                  (H.H)